★使う側の立場に立ったクリーンルームのあり方、その改造方法、運用方法、ゴミ・異物不良対策まで速習!

クリーンルームの基礎と事例を交えたゴミ・異物対策【LIVE配信】
2日目:「静電気の発生原因・障害事例と実践的な除電技術」のみご受講を希望の方はこちら
2日間講座をご受講を希望の方はこちら

※本セミナーはZoomを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
クリーンルーム(1日目のみ)【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年04月19日(月) 13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  38,500円 (本体価格:35,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、38,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問

※2名同時申込で「1日のみ受講」の場合、2名様とも同じ日程のご受講となります。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーです。

・セミナーテキストは事前に郵送します。テキスト発送先を会社以外の場所(ご自宅等)に変更したい場合は、
申し込みフォームの「コメント」欄に発送先の住所をご記入下さい。セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。この点にご了承の上、お申し込みください。


【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】

1.Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。

2.セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。

3.開催日の数日前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
講座の内容
受講対象・レベル
クリーンルームの有無に関わらずゴミ異物不良削減を行いたいと考えておられる
・生産技術者
・現場の管理監督者
・設備担当者
・品質保証担当者
・設備担当者
 
習得できる知識
・クリーンルームの基礎知識
・ゴミ異物の見える化
・ゴミ不良の削減方法
 
趣旨
 既存のクリーンルーム知識の大半は建築設計を中心にまとめられた規格や技術である場合が多く、クリーンルームを使用する者の立場に立った技術解説は殆ど見当たりません。
 生産現場で発生した不良はそのまま廃棄の対象となってしまいます。
 これらの不良が削減できれば全て利益として還元され、その原価改善効果は計り知れません。「この程度の不良は出ても当たり前だ」と考えずに、今一度不良削減に取り組んでみませんか?
 本講演は使う側の立場に立ったクリーンルームのあり方、その改造方法、クリーンルームの運用方法、及び一般環境下においてもゴミ・異物不良でお困りの現場の改善も視野に入れて、クリーンルームの基礎から運用までを生産現場の不良削減手法及びその事例をご説明致します。
 クリーン化技術は医療に関しても共通に使用されている技術で、医療現場でもクリーンに関する知識はなかなか取得できていない様です。今回の講演を通じて、企業内の新型コロナ対策の助けになる感染しない為の知識としても是非ともお役に立て下さい。
 
プログラム
4月19日 13:00~16:00(休憩・質疑応答含む)
1日目:「クリーンルームの基礎と事例を交えたゴミ・異物対策」 

0.新型コロナ対策として役に立つクリーンに関する知識

1.ゴミ・異物とは何か (対策の対象となる不良や不良原因の範囲は?)

  1-1.ゴミ・異物の範囲 雰囲気中のゴミ・異物
  1-2.因果律

2.クリーンルームの基礎知識
  2-1.クリーンルームの四原則
  2-2.クリーンルームの原理
  2-3.クリーンルームの方式
  2-4.クリーンルームとは一体どの様な部屋なのか?
  2-5.ゾーニングとは何か?

3.クリーンルームの規格
  3-1.規格の始まり
  3-2.米国Fed-Std-209とISO規格
  3-3.各国のクリーン度規格
  3-4.クリーンクラスグラフの活用

4.ゴミの性質を知る 先ずは敵を知ろう
  4-1.クリーン化へのステップ
  4-2.ゴミ・異物の大きさを認識する
  4-3.ゴミ・異物の見つけ方
    (不良の原因となっているゴミや異物をどの様にして発見するのか?)
  4-4.ゴミ性質を認識する

5.ゴミの見つけ方
  5-1.管理すべきゴミ・異物は何か?
  5-2.ゴミの見える化(輝度、コントラスト)
  5-3.ゴミ・異物の補足方法
  5-4.ゴミの判別方法 繊維の判別
  5-5.繊維の見分け方
  5-6.FTIRの活用

6.現場点検のポイント:跡を探す

7.クリーンルームの運用方法

  7-1.清掃の方法
  7-2.清掃頻度の考え方
  7-3.清掃を簡略化するアイデア
  7-4.クリーンルーム入室時の注意事項
  7-5.クリーンルーム内での注意事項

8.クリーンの四原則と5S

9.現場改善事例のご紹介

  ・半導体工程、射出成型、半田付け、塗布工程、組立工程等々

10.ゴミの堆積例のご紹介
スケジュール
※多少前後する可能性がございます。
 13:00~14:25 講義
 14:25~14:35 休憩
 14:35~16:00 講義
キーワード
クリーンルーム、ゴミ、異物、不良、清掃、管理、セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索